トップページ | てすと88。 »

2006年7月 9日 (日)

岩峅寺駅。

富山県内の旅客駅の写真を撮りたいと思うとき、一番特徴のあるのはどこだろう?と考えてみました。

北陸本線・・・越中宮崎泊入善西入善生地黒部魚津東滑川滑川水橋東富山富山呉羽小杉越中大門高岡西高岡福岡石動・・・と暗誦してみてもどれも何となく写欲が沸かない・・・。

富山地方鉄道の駅の方が良いかも知れない・・・。分岐駅となっている寺田駅、エンド交換必須の上市駅、日本で一番小さな村にある越中舟橋駅、最近出来た上滝線の小杉駅・・・・等々。

岩峅寺(いわくらじ)駅が良いと思ったのは、私が上滝線を完乗していなかったためでもあります。隣の大川寺駅までは、遊園地がレジャーの王様だった時代に乗っています。

7月8日、21リミを携えて、数年振りに富山地方鉄道の列車に乗り込みました。

06070801_1

060708 PENTAX *istD DA21mm/3.2 電鉄富山駅にて(車内)。

14760系。147馬力。原色。

終点までの乗車時間は、約30分。ピカピカの新駅と、今にも朽ち果てそうな木造駅とのギャップが激しい・・・。

06070802_1

060708 PENTAX *istD DA21mm/3.2  岩峅寺駅前にて。

雄山神社という県内有数の神社があるためか、重厚な駅舎となっています。

06070803

060708 PENTAX *istD DA21mm/3.2  岩峅寺駅付近にて。トリミング。

配線は、立山線の行き違い2線と、上滝線の行き止まりが1線で、ここが立山線と上滝線の合流駅です。以前は上滝線から立山へ直通できました。(手前側が富山駅方面、奥側が立山方面)

06070806_1

060708 PENTAX *istD DA21mm/3.2  岩峅寺駅付近にて。

土曜日のためか、時折子供の遊ぶ声が聞こえる以外は、静かな駅周辺です。そういえば、水の表現に惹かれて21リミが俄然欲しくなったんですね・・・。

06070804

060708 PENTAX *istD DA21mm/3.2  岩峅寺駅にて。

風の通りが良く、冷房不要の涼しさ。響き渡る*istDのシャッター音。整理券の自動発券機と、出札窓口が併置されています。昼間は出札窓口で切符を買い求めることが出来ますが、自動券売機に慣れきっているせいか、駅員の前でアガってしまいました・・・。

06070805

060708 PENTAX *istD DA21mm/3.2  岩峅寺駅にて。

大きな「日本海みそ」の看板前を減速中の 立山行き列車。

帰りは、立山線で行くことにしていました。これで、電鉄富山-稲荷町-上滝-岩峅寺-寺田-稲荷町-電鉄富山という一周ルートとなります。

|

トップページ | てすと88。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | てすと88。 »