« 猿倉山 風の城Ⅱ。 | トップページ | 久し振りの盆休み。(1) »

2006年8月13日 (日)

アコースティックギター。

今年の春ぐらいから、アコースティックギターのCDを買い漁っています。いわゆるフォークギターでスーパーテクニックを以って奏でる楽曲・・・。JacoやWootenといったベーシストの動向は昔から注視していたのですが、ギタリストは全くノーマークだったのです。以前持っていたCDは、ジョン・マグラフリンのライヴ1枚だけ・・・。

06081201

きっかけは押尾コータローでした。浪速の天才ギタリストという触れ込みが気になり、ファーストアルバムを聴いてブッ飛び、ほとんどのアルバムを集めました。ライヴのDVDも1枚買いました。

変則チューニングによる開放感のある気持ち良いコードヴォイシング、左手のタッピングだけで演奏できてしまう握力、押尾節と呼ばれるタッピングハーモニクスの気持ち良さ。それでいて、親しみやすいメロディ・・・。

そうなると、海外のギタリストはどうだろうと思ってきます。こと超絶テクニックとなると手が大きい外国人の方が有利である、というのは定説でしょう。しかし、テクニックだけを評して、押尾ぐらいで喜ぶ事なかれ、という論調には同意できません。このようなギター奏法があるということを日本の一般リスナーにアピールした功績は決して小さくはないと思いますし、メロディや楽曲の構成という点では、日本人好みの味付けであり、寧ろ海外のギタリストより押尾を好む人は少なからずいるのではないかと思います。

次に手を出したのはJustinKing。やはりテクニックはさすが外国人。しかもこのCDは音が良い。テクニカルな曲とBGMとして聴けそうな曲が配されて19曲の大サービス。最後の曲のボーカルに癒されます・・・。

次がDon Ross。ぐいぐいグルーヴします。音の強弱にメリハリがあってスリリング。そして、メロディも練られている・・・。現在のところ、私の好みに一番近いギタリストです。

アコースティックギターのコンビレーション盤も買ってみました。これ1枚で、あらゆるギター演奏の技法やサウンドを聴くことが出来ます。BGMとして連続再生しても飽きが来ません。このCDを最初に買って、気に入った収録曲からギタリストのソロアルバムを辿る方が良いと思いました。

現在のスピーカーは、密閉型でありながら、必要不可欠な吸音材の量は少なめで、「木の音」を少し残した音質となっていて、ギターの音の生々しさに繋がっていると思っています。

|

« 猿倉山 風の城Ⅱ。 | トップページ | 久し振りの盆休み。(1) »

コメント

押尾コータロー、3年前にライブを見てからはまりました。
3枚持ってます。
演奏技術は詳しくないのですが、とにかく魅せてくれる人です。
ライブは100倍面白いですよ~

最高なのは「メンバー紹介」(?!)
ベース、ドラムス、ぜんぶコータローがソロで聞かせます。

投稿: Roberto | 2006年8月14日 (月) 11時55分

Roberto さん、こんにちは。

>ベース、ドラムス、ぜんぶコータローがソロで聞かせます。

DVDを観ただけですが、津軽三味線やチョッパーベース、ディストーションを効かせたエレキギターなど、観る者がイメージする通りに、完璧に弾き切りますよね(^^)。

観客を大切にするミュージシャンという印象です。

投稿: Legin | 2006年8月14日 (月) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128666/3038181

この記事へのトラックバック一覧です: アコースティックギター。:

« 猿倉山 風の城Ⅱ。 | トップページ | 久し振りの盆休み。(1) »