« 橋上にて。 | トップページ | 興南大橋、笹津線。 »

2006年9月 4日 (月)

現在の限界。

午前中、用事のついでに遠回りしてみました。今日は、私が自転車で行ける範囲内でハードと思われるルートの一つに挑戦です・・・。

国道359号線。勾配区間を行くにつれて、息が上がってきます。「嗚呼・・・、Legin、四十にして喘ぐ・・・か。」などと感慨に浸っている間にもどんどんスピードが落ちていきます・・・。

06090401

この地点で、ついに自転車を降りました・・・。以後の二~三百mぐらいある登り勾配は、自転車を押して登りました・・・。しかし、自転車が軽く、歩けば苦もなく登って行けるのは、自転車を使った登り方に無駄があるとしか考えられません。

06090402

この辺りが行程上のサミット(最高地点)です。登って来た方向の写真です。登板車線が続いているのが見えます。以後、左折してトンネルをくぐれば下り勾配が待っていますが、既に写真を撮る気力はありませんでした・・・。

しかも、十分に下り切ったところにあるスーパーに駆け込むまで、日陰になる部分はトンネルの中だけでした・・・。

R359は歩道が広く、疲れたらその場でへたり込むことも可能ですが、逆ルートは、登り勾配になるところの歩道が狭く、よりハードなルートであることが分かりました。

DST TIME AVG MAX ODO
25.64 1:51:56 13.7 49.0 71.5

自宅を出発して、全く同じ道を通らない周回コースになっていますので、体力作りの観点から、たまにこのコースを走ろうと思います。

自宅近辺のコンビニ前に差し掛かったときに、アイスクリーム食べたいな・・・かき氷がいいな・・・。と思ったのですが、ダイエットの観点から見送ってみました・・・。

教訓:水分調達は早い方が良い。

|

« 橋上にて。 | トップページ | 興南大橋、笹津線。 »

コメント

淡々と乗り込んでいらっしゃるご様子、この調子なら坂道になんてすぐ慣れちゃいますよ~。日頃運動不足気味&年齢がわたくしとダブっておりますが(失敬)、走り始めて一年経ったら好きこのんで山登りしにいくようになったサンプルがここに一人ばかりおりまする。
自転車はオートバイと違ってポジション設定の自由度が高いのですが、それはとりもなおさず「ポジションを積極的に自分に合わせよ」とのお告げ(笑)です。サドル高、ペダルの踏み位置、膝の開き具合、骨盤の立て具合・・ひとつひとつ検証していくと自転車はもっと面白くなります^^どうぞお楽しみ下さいね!

投稿: Tongchai | 2006年9月 4日 (月) 23時55分

Tongchai さん、こんばんは。

言われてみれば、昨日苦しかった登り勾配が、腕に力を入れて登るようにしたらあまり苦しくなくなった・・・というように、自分の登坂能力は少しずつ向上しているように思います(^^)。

ポジションの問題は、積極的な改善が必要なのか、すぐに身体が慣れてくれるのか、判断し難い部分がありますね・・・。例えば、ペダルは爪先で踏みなさいと説明書にも書いてあるのですが、その通りにやってみると確かに力は出ているように思いますが、疲れやすい印象です・・・履いている靴の問題もあるかも知れません。せめてスポーツシューズは必要でしょうね・・・。

投稿: Legin | 2006年9月 5日 (火) 00時41分

爪先というか、親指の付け根です。親指が曲がると、そこで力が抜けるので裏が堅い靴がイイです。MTBシューズならそこそこ歩けるのでお薦めですが結構高いです。
http://www.cb-asahi.co.jp/parts/225_all.html

投稿: どら。 | 2006年9月 7日 (木) 09時14分

どら。さん、おはようございます。

親指の付け根>はい、現実的にはその辺りだろうとは思っていましたが、その位置で踏むとふくらはぎに負担がかかっているようです・・・。
靴は昨晩ヤフオクで、2900円にて落としました(^^;。

投稿: Legin | 2006年9月 7日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128666/3315442

この記事へのトラックバック一覧です: 現在の限界。:

« 橋上にて。 | トップページ | 興南大橋、笹津線。 »