« 両極端。 | トップページ | ケーキに寄ってみる。 »

2007年12月23日 (日)

自作PCオーディオ。

(071224 00:30更新)

昨日買ってきたSSDを使用して自作PCを構成しました(^^)b。

SSDの特長を生かすために、パーツの選定の時点で完全ファンレスPCを志向しました。PC自身が音を発しないということは、オーディオ用途で利用出来ると考えました。

自室に搬入後、ケース内の余分な部品を取り除くことから作業を開始しました・・・。

私が、自分のPCとしてフルタワーより小さなPCを組んだのは初めてで、マザーボードを最初に取り付けなければならないことに気付くのが遅れました(~~;。

07122302

マザーボードはヒートシンク排熱型のVIA EPIA-LN10000EAG。サウンドカードは端子構成がシンプルなONKYO SE-90PCIです。CD再生にはサイレントモードが設定出来るPLEXTOR Premium2です。

TranscendのSSDの側面は斜めになっていて、2.5"→3.5"変換スペーサーがそのままでは使えません。

07122301

電源はFILCO PLS180 ACアダプタです。ACケーブルはどら。さん謹製の自作ケーブルで、CSE TX-1000 絶縁トランスに接続しています。

07122303

完成図。ケースはSilverstone SST-SG02Wです。5"ベイが2個付いているものを選びました。キーボードは無線ワイヤレスタイプで、リモコンとしての利用を考えました(^^)b。

07122304

オーディオPCですので、ディスプレイは小さくて良いと思っていたところ、Logitec LCM-T042Aのアウトレット品が出ていましたので確保しました(^^)b。

再生ソフトは、WAV/MP3/CDをキーボード操作だけで再生出来るものを自作しました。

Borland TurboC++2006標準のライブラリを使った簡素な作りで、基本的な部分は2~3日で出来ました。

PCの動作は意外に安定しています(^^)b。ACアダプタはあまり熱くなっていません。マザーボードのヒートシンクは熱いですが許容範囲でしょう。

初期不良はなさそうですので、そろそろ制振シートを貼って仕上げたいと思います(^^)b。

「PCはオーディオ機器たり得るか?」という命題に対する私の見解は・・・「Yes.」です(^^)b。

このケースにデジタルアンプを組み込むことが出来れば、PCとスピーカーを直結出来るのですが・・・。

(071224 00:30追加)

パーツの価格ですが、SSDが最も高く、CDドライブ、電源、マザーボード、ケースと続きます。

SSDが安くなれば、10万円を切るオーディオPCも可能でしょう。インターネットへの接続が主目的であれば、このスペックのPCで充分と思いますので、「ホームユースのPCにはファンは要らない」という時代が来れば良いですね(^^)b。

SSDは、320KBytesのRAMボードが何万円もした時代にその高速性に感動しつつも「RAMディスクの中身が消えなければいいのに」と思っていた時から、長らく、夢の記憶装置でした(~~)b。

|

« 両極端。 | トップページ | ケーキに寄ってみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128666/9536999

この記事へのトラックバック一覧です: 自作PCオーディオ。:

« 両極端。 | トップページ | ケーキに寄ってみる。 »