« ダブル総帆展帆。 | トップページ | 高速道路の夜景。 »

2012年8月19日 (日)

8月のポタリング(1)/自転車でオリエンテーリング。

サイクルショップクラカワ  主催の初企画「自転車でオリエンテーリング」に参加してきました(^^)b。
地図上のチェックポイントで記念写真を撮り、3時間以内で各地点に設定された得点を積み重ねて高得点を目指すという趣向です。

誰でも楽しめるように、到達困難な地点に必ずしも高得点が設定されているわけではなく、今回の配点は、結果的に高山線の車両が撮れるかどうかの差が大きかったように思います。

しかし、脚力の差がスタート前から出てしまいました。自宅から大沢野の集合地点までの道のりが、登り基調の上に向かい風がキツく、最後には15km/hも出ていたかどうか…。集合地点近くで座り込んでいました(^^;。

12081901

店長が心配して?ここまで見に来てくれましたが、しばらく休憩後、他の参加者と合流しました。

12081902

地図とチェックポイント一覧が手渡され、各自コースを選定します。私は、スタート地点-笹津-八尾-新保-ゴール地点という概ね神通川に沿う周回コースにしましたが、結局チェックポイントに到着後、次の行き先を決めることになりがちでした。
注意事項の説明の後、3時間のオリエンテーリングがスタートしました。

事前に大体のチェックポイント範囲は(上滝・大沢野・八尾界隈と)告知されていて、笹津橋とか鉄橋など鉄道関係もあると思っていましたので、一応運行ダイヤは調べていたのですが、芳しくなかったのです。しかし、スタート時刻が10分ほど早まったことが幸いしました(^^)b。

スタート後、一目散に…とは言い難いスピードで、よろよろと笹津駅を目指します。

12081903

複数の女子学生が駅に入っていくので「もしかすると…」と思いながら写真を撮り終えて カメラをリュックに入れている時に、左側からジョイントを弾く音が聞こえました。

…こうなると自転車でもオリエンテーリングでもなく、単なる撮り鉄の行動パターンとなります(^^;。もっとも、ヘルメットを被ったまま線路脇に立ったのは、これが初めてです。カメラを引き付けて構えると ヘルメット先端に当たります(^^;。

120点という、このオリエンテーリングでの最高得点が設定されていました。偶然かどうか分かりませんが、このキハ120形気動車を想起させる配点です(^^;。

12081904

笹津駅近く、春日公園付近にある物体。

12081905

あとは結果的に、ほとんど橋巡りになってしまいました。

12081906

ここから八尾方面へ行きましたが、登り坂で喘いだ割にはチェックポイントを2つほど逃していますorz。行き過ぎたと分かった時には引き返す気力はありませんでした…。

12081907

総合運動公園の室内グラウンド。

12081908

ここで20分近く休憩しました…。そろそろ脚が…。

12081909

いい天気です。ここから「塩の千本桜」が見られる一帯を通り、次の橋へ向かいます。

12081910

このあと、最後の登りをクリアしてゴール地点に近付きますが、両膝が限界を迎えていました。風は吹いていませんでしたが、朝と同じようなスピードでゴールしました。ここで一度でも座り込むと制限時間に間に合いませんでした(~~;。正午着。促されて書類提出した時には30秒延。自分の脚力から計算した通りとも言えますが(^^;。

配布された冷たいおしぼりで顔や腕を拭い、バナナとガリガリ君を貪りました。そして昼食の弁当です。なかなかのボリュームだったような気がします(^^)b。

12081911

昼食後は表彰式です。参加者全員に賞品が授与される形式です。

12081912

くじ引きなので、高得点だから高価なもの、ということはありませんでした(^^;。
黒い雲が近付いて来ましたので、私は早々に退散しました。

イベントの計画から当日の運営までに関わられた皆様に感謝します。

Dst55.02km Tm3h07m04s Av17.6km/h Mx44.8km/h Odo853.8km

PENTAX K-30 / DA16-45mm/4

|

« ダブル総帆展帆。 | トップページ | 高速道路の夜景。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128666/46751259

この記事へのトラックバック一覧です: 8月のポタリング(1)/自転車でオリエンテーリング。:

« ダブル総帆展帆。 | トップページ | 高速道路の夜景。 »